自治会関連規約

自治会会則
自治会災害対策本部規約
自治会会館運営細則


自治会会則

山王三・四丁目自治会会則

(自治会の構成)
第1条 本会は山王三・四丁目自治会と称し、山王三丁目及び山王四丁目の自治会地域内に居住する世帯主をもって構成する。
(事務所)
第2条 本会の事務所は山王三丁目二十九番八号・薬師堂に置く。
(目 的)
第3条 本会は地域内住民の親睦と福祉の増進に努め、安心安全で住みよい環境を作ることを目的とする。
(事業内容)
第4条 本会は第3条の目的を達成するため、概ね次の事業を行う。
(イ)環境衛生に関すること。
(ロ)街路灯、防犯灯に関すること。
(ハ)民生委員との協力に関すること。
(ニ)防犯、防火、防災に関すること。
(ホ)高齢者、青少年の見守りに関すること。
(へ)公共諸団体との協力に関すること。
(ト)慶弔に関すること。
(チ)地元神社の祭典その他に関すること。
(リ)レクレーションに関すること。
(ヌ)その他地域社会の向上に関すること。
(事業年度)
第5条 本会の事業年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
(会 費)
第6条 本会の会員は世帯単位にて細則に定める会費を納めるものとする。また本会の経費は会費その他の収入をもってこれにあてる。
(役 員)
第7条 役員の構成は次のとおりとする。任期は2年とする。但し再任を妨げない。補欠就任役員の任期は前任者の残任期間とする。
会長、監査 2名、副会長(若干名)、部長、副部長(若干名)、本部委員
(役員の職務)
第8条  会長は、会を代表し会務を統括する。
     副会長は、会長を補佐し、会長不在の時これを代理する。
     事務局長は、事務局業務を総括し会務一般を補佐するものとする。
     会計は、本会の予算決算を担当し、また日常に出納業務を行う。
     部長は、各担当の事業を統括して執行するものとする。
     監査は、自治会運営ならびに会計を監査する。
(名誉会長、相談役、顧問)
第9条 本会は必要に応じ次の者をおくことができる。
名誉会長 1名 相談役 若干名 顧問 若干名
第10条 名誉会長および相談役ならびに顧問は、会長が推薦して役員会で承認を得るものとする。必要に応じ会長の諮問に応じるものとする。
(役員の選出)
第11条 会長と監査は役員会に置いて候補者を選出して総会で承認を得て選任する。
第12条 会長と監査以外の役員は役員会の承認を得て会長が任命する。
(総 会)
第13条 総会は本会の最高決議機関である。定期総会は毎年会計年度終了後に会長が召集し、細則に定める議題を審議する。
第14条 臨時総会は会長の必要と認めたる時、もしくは役員の2分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面で召集の請求があった時は、その請求があった日から10日以内に会長は召集しなければならない。
(役員会)
第15条 役員会は原則月例で開催するが、臨時役員会は臨時総会と同じ召集方法で召集しなければならない。
(会議の議決)
第16条 会議はすべて出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。
(会則・細則の改正)
第17条 会則の変更は総会において、また細則の制定および改正は役員会において議決するものとする。
(付則 改正施行)
第18条 この会則は、平成28年4月23日より改正施行する。


細 則
(職掌分掌および担当)
細則1 年度毎に職務分掌にかかる担当を別に定める。
(総 会)
細則2 総会では出席者の中から議長と書記および議事録署名人を選出してこれを運営する。
定期総会の議事は次のとおりとする。 
1.前年度事業報告ならびに決算 2.事業計画    3.予算
4.会長・監査の承認      5.会則の変更   6.その他
(役員会)
細則3 月1回開催し、出席者の中から議長と書記を選出してこれを運営する。役員会の構成は、 会長、監査、副会長、部長、副部長、本部委員とする。
(会費ならびに出納業務)
細則4 会費は各班毎に班長が直接徴収して、定められた日時に自治会本部に納入する。直接徴収は近所の絆の維持のために効果的な方法であるが、場合によって銀行振込みも可とする。
    会費の額は一世帯あたり月額300円(アパートは100円)とし、年額一括徴収とする。
    途中入会は適用月からとするが、途中退会では一部返還は行わない。
金銭の出納にはすべて伝票を用いる。伝票は出金・入金及び振替伝票とし、出納処理事項はすべて帳簿に記録する。入金は入金伝票を作成し、金銭と共に受け入れ、会計担当、会長の認印を要する。出金は領収書に基づき、出金伝票を作成し、会計担当、会長の認印を要する。
(災害積立金)
細則5 (イ)目的:主に地震、風水害等の災害時に災害援助金の源泉とする為に積立る資金。
    (ロ)適用範囲:災害に遭遇した場合に自治会及び自治会会員を主体に下記の通り積立金を上限として支給する。      
    (ハ)積立金の支給及び使途については、下表を基本として役員会にて稟議の上支給する。
  項 目      対  象             金 額
死亡者・行方不明者 死亡者・行方不明者の遺族 一人/10,000円
住家損壊 災害により住家を全・半壊(焼)  一件/10,000円
その他 上記以外の必要とする事項が発生した時
(役員、委員などへの経費支払) 
細則6 役員、委員及びその他の自治会員が、本会の活動に伴い支出した会議費、交際費、通信費等の経費は実費を支給する。
1.自治会活動は奉仕活動であるものの、役員については日常の活動にかかる通信費などの個人負担が過大となっている。これを少しでも軽減するために、対象となる役員には原則次の月額を諸経費として支給する。
      会長   4,000円    副会長 1,000円  監査  1,000円
部長   1,500円    副部長   500円
2.会長または役員会は、その要請により会員が広報や安全活動等に従事した場合経費として1,000円を限度として支給することができる。 
3.班長に対しては自治会会費の集金額の1割を活動経費として支給する。 
    4.食事時間をはさんで4時間以上活動した場合は、原則1,000円以内を食費の実費精算を行うことができる。
(慶弔見舞)
細則7 会員の慶弔(6ヶ月以内)にあたり弔意金として5,000円を香典として支給する。会員以外の慶弔については、会長の判断で支給するものとする。
 また敬老金については88歳以上の会員に年1,000円を区からの支給とは別にこれを支給する。
(掲示板運用)
細則8 自治会掲示板は、大田区掲示板とともに会員広報に寄与するものであるが、会員相互の情報交換と連携を図るため次の定めにより会員も利用できるものとする。
    1.掲示物については、常識を重んじ個人の誹謗中傷やわいせつな物、および利益を誘導する広告に類するものは掲示できない。
    2.あらかじめ役員会もしくは会長または事務局長の許可を得て、認印を受けること。
    3.公共の掲示物を優先し、掲示期間を記載しその期間は2週間以内とする。
(高齢者見守り事業)
細則9 自治会は、各班ごとに地域福祉委員を定めて、担当役員と協力して高齢者世帯の見守りを行う。担当役員は班長、地域福祉委員との連携を緊密に行う。
(表彰)
細則10 会長は、年度活動において会員の規範となる功労者に対して定期総会にてこれを称えて表彰を行う。
(防犯カメラの運用)
細則11 自治会は別途定める防犯カメラ管理規定によって運用し、いたずらに住民のプライバシーを侵害しないことを留意する。


山王三・四丁目自治会災害対策本部規約

第1条(名称)
  本会は、山王三・四丁目自治会防災対策本部(以下災害対策本部)と称し、平常時は大田区山王三丁目29番8号自治会事務所(薬師堂)に置き、非常時にあっては、状況により移設する。

第2条(組織構成)
  本会は、山王三・四丁目自治会区域内の全住民を対象として、自治会役員、班長、防災協力隊隊員により期限を定めて運営される。

第3条(目的)
  本会は、平常時においては地域住民の自主的な防災意識の高揚を図るとともに、震災時その他の大災害時において地域住民の生命財産を守るため、初期消火、避難誘導、救出・救護活動、治安の維持、情報の伝達、物資の調達、災害時要援護者への支援等の諸活動を円滑に進めることを目的とする。

第4条(事業)
  本会は、第3条の目的を遂行するため主管を防災部として、所属する防災協力隊を中心に、次の担当を配置する。
1.広報部 2.防火部 3.予防部 4.救護部 5.調達部

第5条(各部の業務)
  防災部は、防災協力隊および自治会役員ならびに班長を指揮して、平常時の防災訓練の計画ならびに防災にかかる啓蒙活動の全般を取り扱う。災害時においては、防災本部の主幹として災害活動全般を指揮する。
  1.広報部 主幹 秋山・萩原(                     )
    平常時は、回覧板等による広報、および講習会・説明会等を開催するなど防災意識の高揚をはかる。
    災害時においては、的確な情報を把握し、自治会全域に的確な情報を伝達し、流言デマを防止する。とくに火災に対して十分注意するよう呼びかける。

2.防火部 主幹 金堂(高橋              )
    平常時は、初期消火訓練・ポンプ操法訓練等防災訓練を実施する。
    災害時においては、ポンプ隊により初期消火に全力を尽くす。また同時に救出救助を行う。
    避難所が開設された後、防犯パトロールを行う。

3.予防部 主幹 梁田(渡辺典・上原・地域福祉委員        )
    平常時は、自治会地域内の防災点検を行い、一時集合場所、避難所、広域避難場所までの避難路の確認等を行う。
災害時は、地域福祉委員と担当役員の協力を得て登録された災害時要援護者の安否確認を行う。

 4.応急救護部 主幹 入田(医療関係者            )
災害時においては、けが人など手当ての必要な人に対して、医療関係者の協力を得て応急救護を行う。
平常時は、救助が必要な人の把握に努めるとともに、救護活動に必要な資機材の整備に努める。また、応急救護訓練等を実施する。
    
5.調達部 主幹 岡田(                       )
    平常時は、各部において必要な資機材の調達を行い、災害時の食糧等の備蓄を行う。
 災害時は、炊き出し、支援物資の配給等を行う。山王公園、弁天池公園、薬師堂にテント
を設営する。

第6条(役員)
  本部ならびに各部に次の常任役員を置く。
   1、本部長     1名 (会長)            鈴木
   2、副本部長    1名 (防災部長)         山崎
   3、防災会計    2名 (本部会計・隊会計)     福原
   4、本部付役員   若干名(副会長)          影山・町田・浦野・平林恵
   5、広報部長    1名  副部長 1名        秋山・萩原
   6、防火部長    1名  副部長 1名        金堂
   7、予防部長    1名  副部長 1名        梁田
   8、応急救護部長  1名  副部長 1名        入田
   9、調達部長    1名  副部長 1名        岡田

第7条(会員)
  本会の事業目的を達成するためには、会員の協力が必要である。したがって、会員は役員の指揮、指導にしたがって積極的に本部、各部で実施する防災活動に参加し行動するものとする。

第8条(費用)
  本会の運営にかかる費用は、一切を自治会の負担とする。

第9条(施行期日)
  この規定は、平成23年4月15日から適用する。

第10条 別途具体的行動のための基本防災計画を定める

山王三・四丁目基本防災計画

 自治会災害対策本部規約に従い、災害時における基本的な行動計画と機能を定めるものとします。緊急時における対応は、適切な情報をもとに臨機応変、一致協力、沈着冷静、迅速な行動が求められます。

1.災害とは
  家屋倒壊を伴う大規模地震、延焼を伴う広域火災、終日車両通行不可の雪害、床下を含む大雨 
  浸水、その他の大規模災害をいう。

2.発災時の対応
  防災は、個人によって予想される状況に対して備える必要がある。さらに最小行政区分に属す
  る自治会が東京都ならびに大田区の防災指針に沿って、防災市民組織としての災害対策本部を
組織して対応するものとする。然るに発災直後は各個人が各個人の責任で適切に対応し、その
後に可能な限り速やかに防災市民組織が各機能を発動する。

3.大地震(南関東直下地震)とは
  2007年〜2036年の間に、関東地方の南部に70%の確率で発生すると想定されている直下
  型大地震でマグニチュード7級と想定される。東京都の予測によると、火災での焼失家屋は約
  2割でその他倒壊家屋も相当予想される。電気、ガス、水道、電話、交通のライフラインは数
 日間途絶える。
4.防災部(防災協力隊)による災害時の機能と現状
(1)消火体制(防災協力隊による消火活動)
  すべてに消火活動が優先します。隊員は自宅の安全を確認後、防火水槽のある各指定基地に集
  結し、協力者を集いつつ消火活動にあたります。(発災から半日から1両日の間)
  @山王公園 
  A弁天池公園
  B薬師堂
  Cサンサン根岸児童公園
  Dくすのきエリア(D級ポンプ仮設)

(2)救出救護体制
  消火活動終了後、担当地域を巡回して、要援護者を優先して救出活動にあたります。
  届け出のある要援護者については、本部長、防災部長から指示をする。
  (半日後から2両日)

(3)避難ならびに誘導体制(防災協力隊および自治会役員、班長)
  家屋を失ったり、家屋が危険な状態にある人は避難所へ避難します。
  集合場所への集合と避難所への誘導は、安全を確認しつつ一定の人数ごとに行います。
    @山王公園
    A弁天池公園
    Bサンサン根岸公園
  長期避難所は避難所運営要領に従って、災害対策本部が運営します。
  ここでは秩序の維持が強く求められますので予め定められた避難所運営ルールを徹底します。
  住居スペースは畳一帖を基本として区割り、持ち込み品の制限、備蓄食糧による炊き出し、各 
  設備の設置、避難者名簿の作成に防災協力隊ならびに自治会役員が中心となって活動します。
  避難経路が寸断されたり、通路の確保状況によりいずれかの避難所を利用します。
    @山王会館 
    A馬込東中学校
  両方の避難所では、情報、給食など連携して行動します。
  避難者名簿の作成、その他の行動についてはそれぞれの避難所運営要領に従います。
  区の指定医療機関は馬込小学校、入新井小学校となる。

(4)安全パトロール(防災協力隊)
  防犯パトロールを兼ねて、管内の安全確認のためパトロール隊を編成し定期的に巡回します。
日中においては必要な通路を確保します。

平成23年4月15日

山王三・四丁目自治会会館運営規約

 

 (目的)
  第1条 この規約は、山王三・四丁目自治会会館(以下「会館」という)の運営に必要な事項を定めることを目的とする。
 (運営管理)
  第2条    会館の運営管理は、山王三・四丁目自治会(以下「自治会」という)役員会で指名した者が分担してこれにあたる。
       文章管理
       設備備品管理
       什器厨房管理
       内外倉庫管理
 (会館の使用)
  第3条 会館は、自治会の事業及び地域住民の親睦、福利厚生等の施設として使用することを原則とし、自治会会員のほか広く地域住民が使用することができる。但し、自治会の活動を優先することとする。
   (1)会館の使用スケジュールは、室内のホワイトボードで管理する。希望者は開いている日に活動内容を記入して予約に充当する。ホワイトボードは事務局が管理する。
 (会館使用料)
  第4条 会館の使用料は1回につき300円とするが、公益のためである場合には無料とする。
 (使用時間)
  第5条 会館の使用時間は原則として午前8時から午後21時までとする。
 (使用者の義務)
  第6条 使用者は、会館の使用にあたっては次の各号に掲げる事項を遵守すること。
  (1)使用後は清掃のうえ、整理整頓し、机、椅子等の備品を原状に復すること。
  (2)退出の際には、火気及び戸締まりを確認しゴミは持ち帰ること。
  (3)使用者が施設及び備品等を破損した場合には、その損害を賠償するものとする。
  (4)会館を退出する場合は、使用責任者が利用記録簿に使用時間と点検結果を記入するものとする。
 (修繕等)
  第7条 会館の建物及び付帯施設について大規模な修繕が必要な場合は役員会にて決定する。
 この規約は、平成27101日から施行する。

inserted by FC2 system